2012年05月16日

はねまんCS2012春 03(「はねまん」お宅訪問!&山形観光ミニガイド)

・おまけ1−「はねまん」お宅訪問!

初の東北旅行ということで、右も左も分からなかったFord(&Tetsuさん)。
はねまんさんのご好意で、観光やお食事、更には寝泊まりまで工面して頂きました。
宿泊場所は、なんと「はねまん」のオフィス!
あの有名サイトの仕事場風景、一体どんなものかと気になっている方も多いのではないでしょうか?
ということで「合同会社はねまん」のお宅拝見です!(笑)

はねまん宅.jpg

山形県の某所に佇む、この建物がはねまんオフィス。
無骨な作りは「電気工事関係の会社だった建物を借りているんです」と聞けば納得です。
中に入ってみると…

職場.jpg

玄関を抜けると、海外版カードが並んだ棚とデスクがお出迎え。
建物と相俟った飾り気の無さは、まさに「職場」といった雰囲気です。

棚.jpg

海外版のボックスが詰まった棚!ここから皆さんの手元にカードが届きます。
その他、在庫専門に用意された一室もありました。

作業.jpg

この日はCSに向けて作業中。
臨時のお手伝いスタッフも含め、総勢10名ほどが作業を行っています。
先輩後輩の間柄である方も多いためか、迅速に業務をこなしながらも、終始和やかな会話が絶えませんでした。
邪魔にならないように2階へ上がり、こっそり撮影…

…と思ったのですが、2階はスタッフの皆さんの私的スペースのため、残念ながら撮影NGが出されてしまいました。
2階の本棚に並んでいた経営関連の書籍や「遊戯王」のコミックスは、はねまんならではと言った所。
一方で、部屋の奥には干しっぱなしの洗濯物が散らかっていたりと、多忙さも見て取れました。
そんな状況に業を煮やしたスタッフが、部屋掃除から花壇の手入れまで徹底的に清掃を行うこともあるのだとか……。

もっとはねまんの事を知りたい方は「はねまんブログ」をcheck!





・おまけ2−山形観光ミニガイド

遠征の際は、その土地の歴史や名所、美味しい食べ物を知っていると楽しさ倍増です。
市販の観光ガイド等から情報を仕入れるのはもちろん、せっかく趣味を共有する仲間ですし、現地のプレイヤーと仲良くなって隠れた名店を教えてもらうのもいいですね。
最後に、私が見てきた山形ならではの食事や観光地をいくつかご紹介します。


・お土産だけは買って帰りたい!
はねまんCSなら、建物から外に出なくてもお土産が買えます!
物産.JPG

はねまんCSが開催されるパルテには、なんと観光物産館が併設されています。
山形土産の購入は大体ここでOKです!休憩時間や帰りがけに買ってしまいましょう。

ミルクケーキ.jpg

配りやすいお土産としてお勧めなのが、練乳を固めたような板菓子の「ミルクケーキ」。
山形特産のサクランボ味やラ・フランス味など、バリエーションも豊富です。

将棋.jpg

はねまんCSが行われる天童市は将棋の街として有名です。
部屋に飾れるものが欲しいならコレ。将棋の駒がずらっと陳列されている様は中々壮観です。


・ご当地ならではの食事がしたい!
第一次産業が盛んな県だけあって、全国に誇る農産物は少なくありません。
その中から2品をご紹介します。

そば.JPG

まずはFord自身も大好きな蕎麦!
関東では考えられない値段で、とても美味しい蕎麦が食べられます。
写真は、細いうどんのような「麦切り」との盛り合わせ。どちらも東北地方の特産品です。

玉こん.jpeg

こちらは団子ではなく「玉こんにゃく」。
醤油で煮た丸いこんにゃくを串に刺した地元の名物です。おやつにどうぞ。
山形県はこんにゃくの消費量が日本一なのだとか。

その他、日本三大和牛の一つ・米沢牛や、米処だからこその日本酒なども有名です。
大会終了後の打ち上げは焼肉で決まり!


・せっかくだから観光もして帰りたい!
滞在期間に余裕があれば、地域の名所を回ってみたい所。
山形では、冬はスキー、初夏はさくらんぼ狩りなど、季節ごとに豊富な自然を楽しめます。

蔵王.jpg

山形を代表する観光地・蔵王。写真は「お釜」と呼ばれる、不思議な火山湖です。
トレッキングやスキーの名所で、山下に広がる温泉街も有名です。

温泉.jpg

3月下旬でも日によっては雪が降るような山形の気候。
そんな時に欠かせないのが温泉です!
銭湯感覚の身近なものとして、市内には気軽に入れる温泉が点在しています。
はねまんスタッフもよく入りに行くそうです。(笑)



次のはねまんCSが開催されるのは、行楽と食欲の季節・秋!
折角の遠征機会、時間の許す限り存分に味わい尽くしましょう!

--------
Before:「はねまんCS2012春」ツアー!
posted by Ford at 03:38 | TrackBack(0) | 文献集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。