2013年10月26日

4.【さりー Challenge Stage 主催のさりーさんより】


さりー Challenge Stage 主催の挨拶】
さりー Challenge Stage に寄せて

こんにちは。
今回、初めて大会の主催をさせて頂くさりーと申します。
私は、九州で細々と遊戯王を楽しんでいる、しがないユーザーの1人でしかありません。

こうして、大会のタイトルに名を冠することが出来たのも、お世話になっている、シェルティーさんが東京(!?)でイベントをしたいというお話を聞き、何かお手伝いできればと思いスポンサーとして名乗りをあげた結果、こんな素晴らしい機会を頂くことができました。

さて、今回のような機会を頂いた私は、大会の運営について、改めて思いを巡らせました。
もちろん、大会としてのクオリティは私が多くを語らずとも、ある程度皆さんの中で、線引きが行われていると思います。

それを踏まえた上で、私が出来ること、それは女性も参加しやすいような空気、安心できる空間、楽しい遊戯王(イベントとしての楽しさ・ゲームとしての楽しさ)の提供です。
甘いことを、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
それでも、こうした方が、ああした方が、と私なりのホスピタリティーの精神を取り入れてみました。

この度の大会は皆さんにとって馴染みのないものとなることでしょう。
それでも私自身が安心できる基準を最低限満たしたような空間を、ひとつの可能性の提示としてシェルティーさんにお願いしました。

さりーCSとしての“チャレンジ”を皆さんにお届けします!

CSに関わる全ての方に感謝と敬意を表して。

さりー

※写真は、yume氏に描いてもらったプレイマットです(優勝賞品)
4-1.jpg
posted by Ford at 01:59 | TrackBack(0) | 文献集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。